買い物にわくわく

図面や工事の計画と同時に、新規で設置する各設備について調べ始めます。
即ちキッチンやバス、トイレに洗面、サッシなど建具、他の設備や什器などについてです。

これまで、そういった方面に全く興味がなかったので無知中の無知、だから何を調べても新たな発見があり面白くてこんな世界があったのかとわくわくします。
同時に、その価格にも初めて触れて、高いとは思っていたがほんとに高いなあと実感。

1階の表通りに面したところは大きな出窓の作りになっていて、予定ではこれをぶち壊し、大きな入り口を設けて自動車が入るくらいにしたいと目論んでいました。
それで、その大きな入り口として、店舗でよくある、サッシの折り戸をつけたいな、と。

色々調べ上げた結果、トステムのラクタスというシリーズがなかなかいい感じ。これいいなこれいいなと唄いながら値段や工事代金を調べると、当たり前ですが立派な立派な価格です。
この時点ではまだ諦めておらず、他の工事代が安ければこれにしよう、と、半ば決定してわくわくです。
1Fの店舗が画廊にもできそうなお洒落なアトリエになる予感。うふふふふ。

まあ、現実はとても厳しいのでそういう夢は砕け散るわけですが、設備の選定は楽しいひとときで、まさに夢中になります。
住居スペースに必須の水回り設備についてはさらに夫婦でわくわくです。

キッチンメーカーのサイトを見て回り、あれがいいなこれがいいなと、ハイカラなデザインや細かなギミックに大興奮です。
「パタパタくん最高」「降りてくる吊り戸棚べんりそう」「今時のデザインはかっこいいなあ」などとはしゃぎます。もうほとんどアホです。
そのうちにショールームというものがあると知り、毎週見に行くようになりますが、そうするとだんだん慣れてきて、最初とは印象が変わってきます。
しつこく見に行って、しつこく調べ上げ、しつこく悩むことは重要です。
そのうち「パタパタ?あほちゃうか」「馬鹿馬鹿しい。小手先のギミックに騙されたら駄目ね」「またこのデザインか、こればっかりだな。センスないな」「安っぽいねえ」
・・・・まことに身勝手なものです。

コメント