引き渡し直後の急ピッチ具体的計画

さて引き渡し直後から、慌ただしさがまします。

図面

まず図面を完成させねばなりません。引き渡しによってさらに精度の高い計測を行い、図面を仕上げにかかります。
カテゴリ05. 設計で示した最終的な図面は、引き渡し直後に書いたものです。
計測に使う道具は、もちろんコンベックスです。
コンベックスという言葉を知らない人もいるかもしれません。「メジャー」という人が多いですね。我々は通常「スケール」なんて呼んでますが、あれはコンベックスという測量機器です。

img50449047.jpg

コンベックスレベルというバンドがありますが懐かしいですね、あいや、2009年現在、まだご活躍ですよ。

キッチン・バス

この時点ではまだキッチンやバスなどが決まっていない状態で、それも決定します。はい決定した。
取付はメーカーサービスを使うことにしました。日当分くらいの価格で取付に来てくれるので利用しない手はありません。
キッチンやシステムバスの納入日もヤケクソで決定します。さあそれまでに壁や床が出来てなければ大変だ。

解体準備

解体の日取りを決め、解体箇所と残す箇所を決め、それをラッカースプレーで現地で記していきます。壊すところは大きく×を、残すところは「残す」と書きます。
この指定を行いながら、家中の細かい部分をチェックして回ります。
隙間、ひび割れ、補修が必要な箇所、想定していなかった場所など、いろいろ見て回るのも時間がかかります。

近所への御挨拶

工事前に、隣近所への挨拶を行います。引っ越してくる挨拶ではなくて、工務店としての工事告知です。
手土産ための洗濯石鹸などを大量に買いにも行きます。

現住居の復元

そうだ引っ越しを忘れていた。そうです。引っ越しをするわけですから、住んでいるほうの家の片づけがあります。
17年間も居たのですから、なかなか大変です。しかも自分で勝手に工事をして改造したところは元に戻さないといけません。
解体の日取りまでの数日間、復元工事と引っ越し荷物のまとめなどを進めます。

大工

大工さんを紹介してもらい、手伝ってもらう段取りを付けます。その大工さんがまた別の大工さんを喚んできて、大がかりな作業をえいやっと進める段取りです。
特に床上げや建具工事は専門の人でないと短期間で出来ません。

軽天

ついでに軽天屋も紹介してもらいます。
仕事柄、間取りや天井といえば軽天というイメージを持っています。木工の認識はなく、ぜんぶ軽天でやっても不自然に思わない。店舗や施設しか見たことがないからですね。
軽天って何やねん、とお思いの方おられますか?おられましたら、今度あらためて詳しく書きます。

設備工事

水道とガスの工事をやってくれる職人も紹介して貰いました。
気の良いおじさんです。
でも一般家庭の工事ばかりやる人なので、大がかりなことを嫌がり、ガス屋は別で手配することになりました。
水道屋さんの紹介の人と、近所のガス屋の人に同時に連絡してしまい、図らずも相ミツを取ることになってしまいました。近所のガス屋のほうが少し安かったのに、人の繋がりのほうを重視する私としては水道屋さんのお仲間のガス屋さんに決定。
現場に来てもらって、壊すところや新規に配管するところなどを説明します。

「相ミツ」って何や、とお思いの方おられますか?相ミツってのは相見積もりのことで、複数の会社に見積もってもらうことですね。
人の繋がりが特にないクールな付き合いの場合は、必ず相ミツを取りましょうね。
その際、明細をきちんと読むこと。明細項目が少なすぎると、後で追加が発生したりします。謎の諸経費が沢山あったら「この諸経費って何のこと?」と聞きましょう。

副資材

その他、隙間を埋めるための材料、さび止め、内装工事で隠れてしまうところの補修材いろいろを買い物します。ホームセンター様様です。
とりあえずはシリコンと変成それぞれコーキングを二ケース、さび止め一斗缶、発泡ウレタン、副資材としてブルーシートや養生材なども買いに走ります。

材木

材木屋も探しました。住んでるほうの家の近所にいい材木屋があったので挨拶しに行く。ご近所ですなあ、どもども、なんて言って顔見知りになってから後で色々世話になったり無理を聞いて貰ったりします。

*

本当は、解体してからゆっくりと改造計画を練りたいのです。だって解体してみないと判らないことが8割以上ありますから。
どんでん返しがあるかもしれない、思わぬ作業が発生するかもしれない、設計の変更がしたくなるかもしれない。

本来なら、解体した状態をゆっくり検査してから計画を進めるべきなのですが、何しろ時間がないで「解体を含めて10日」が猶予です。なんて無茶な。

そして工事期間の予定は、驚くなかれ50日(土日盆休み含む)です。あまりにも無茶苦茶な計画ですがもう始まってしまったものは仕方がない。
やるしかない。

さて、そんなこんなで、あっという間に一週間が経ち、いよいよ解体です。我らが解体屋、チームKの頼もしい職人がやってきます。

コメント