壁を覆う

まずは2階の内周の壁からです。寸三を適当に取り付けてボードを貼るだけです。

ボードの付け方
ボードの付け方

基本はこんな感じです。

現実には窓周りや凹凸部、鉄骨との接続など、ややこしい小細工が多量に発生するので、なかなか手間のかかる作業です。

工事を急いでいたので、断熱材という発想はありません。
壁がALCの側はもともと不必要だと思っていましたし、ラスとモルタルの側も分厚く作られていたので「空気の層が断熱材代わりだ、わはは」と豪快にやり逃げます。

冷静に考えればやはり断熱材や防音材をいれるべきであったか、と後に反省しましたが、施主が時間と金をケチって決定したことなのでこのときはこれでベストなのです。

さて作業員としての私はまだ悪あがきの続き。鉄骨や壁の状況を見て、しつこく消毒や錆止めや穴埋めの点検。
でももういよいよ時間切れ。これ以上は諦めるべきです。
造作工事はスタートしています。大工の邪魔になるのです。

コメント