家族のヘルプと1階床の高圧洗浄

8月24日はただひたすら荷物を詰め、運びます。

仕事関連の道具や材料にもやっと手をつけられます。同時にまだ残している御所屋敷の職場部分の破壊と復元も進めました。
細々したものも多く、予想外の手間に嗚咽が漏れ自殺願望が沸き上がりますがそれは気のせいです。

翌日25日。

この頃には妻のご家族の大いなる協力を得られています。義母が来てくれて、住スペースの拭き掃除を、義弟のヤンボーマーボー君が車で荷物運びの往復を手伝ってくれました。おにぎりやお茶の用意もしてくれます。ありがたやありがたや。

もうそろそろお祭り騒ぎと化しております。

おかげさまで引っ越し荷物もかなりの量を運べました。
ご協力に甘え、私は独自の作業につきます。1階の床です。

時々、1階の床について書いてきたように思いますが、1階の床のクッションフロアを剥いだ後の無残な状態をケレンする仕事は、これまでにも隙を見てずっと引き続きやっていました。
裏地残りやガタガタの糊の跡を取るためにこれまでにやってきたことは以下の通り。

・皮スキでがりがり剥ぎ取る
・スクレーパーでがりがり剥ぎ取る
・水浸しにしてふやかしてから剥ぎ取る
・シンナーでドボドボに浸してふやかしてから剥ぎ取る
・何種類もの剥離剤を買ってきては試す
・グラインダーの砥石で削る
・グラインダーにカップブラシを装着して削る

少しずつ少しずつやってきましたが、全面積をケレンするにはまだほど遠いのです。

いよいよ職場環境も引っ越してこなければならないので、最後のあがきをやるときが来ました。
ふたたび高圧洗浄機の登場です。

工事開始以来1階が空っぽになることがなかったので、思い切った高圧洗浄が出来るチャンスは今だけです。
この日、半日以上をかけてただひたすらに高圧洗浄いたしました。

効果はそれなりにありました。十分というには遠いのですが、もうここまでやれば後やるべきことはありません。
高圧洗浄機で吹き飛ばした糊と裏地のカスの総量はなんと20L缶に4杯分です。

どろどろのふわふわのべちょべちょのヘドロの固まりです。
このゴミを捨てるのにこの後長い期間がかかりました。屋上で干して、乾いたらゴミ袋に詰めて普通のゴミの日に少しずつ出したんですよ。

それでもまだ1階の床は平滑というにはほど遠い状態。この1階の床については、2009年秋になってもまだ引きずっています。

週末は更新できないと思いますんで今日は沢山更新してみました。
にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ 

コメント