仕上げ材・塗料

ジョリパット

アイカ工業株式会社のアクリル系の仕上げ材、商品名です。
塗料のような、漆喰系の壁材のような、中間的な位置にある壁材です。
粘度が高くコテ以外にもローラーで塗りつけることができます。
水を混ぜて薄くして塗料のように使ったり、コテで模様を入れながら厚く付けたり、砂を混ぜてざらざら壁にしたり、いろんな意匠が可能です。
左官仕事が下手糞でも何とか形になったりするので重宝します。
一部左官職人からは「あんな塗装屋が施工できるような軟弱なものは本物じゃねえよ」なんて声も聞こえますが、まあ、いいじゃないですか。
作業が楽、色あせしにくく耐久性が高い、防藻・防カビ性能も高い、傷が付きにくい、ヒビが入りにくい、耐火性能も高い、再塗装が可能など、なかなかの優れ物です。
店舗の内外装などでおなじみですね。
近頃ではネット通販でも販売されており、専門的な材料っていうイメージから気軽に利用できるイメージに移り変わってきた気がします。少量では手に入りにくいし単価もやや高いですが。
施工手順は、必要に応じてシーラーを施した壁に薄く下塗りして、その上に模様を付けて上塗りしていくという2工程作業です。
アイカ工業株式会社 http://www.aica.co.jp/

シャーウィン・ウィリアムズ

アメリカの塗料メーカーです。何でも130年以上の歴史を持つのだとか。
シャーウィン・ウィリアムズペイントは、どの製品も環境に配慮した水性塗料で、色は専用のカラーツールズによる品番指定になります。勝手な調色は御法度だとか。
カラーツールには1268色の美しい色が揃えられていて、たいていの場合その中から選んで問題ないでしょう。や、それどころか、このカラーツールを見ていると色々ありすぎて決めかねてしまうほどです。
日塗工やDICの色見本より遙かに実用的な良い色に満ちていますよ。
謳っている塗料の特徴は
ゼロVOC、超低臭、防カビ性、作業性の良さ・ムラが出にくい仕上がり、タッチアップ性能、スパッタフリー(ローラーで飛び散らない)などです。
超低臭っていうのはかなりいいです。水性塗料独特の臭いがほとんどありません。
一晩で店舗を塗り替えても翌日の営業に差し障りがないほどです。
製品群の中で、いわゆる普通の塗料にあたるのが「ハーモニー」というやつです。
たまごの殻のようなという意味で「エッグシェル」と言われる微妙な2分艶が美しいのです。
2度塗りが基本です。2度塗りを施せば、塗装になれていない人でも綺麗に塗り上がることでしょう。
「ハーモニー」の同等品で、より多く必要な場合はPROMAR400という19L入りのものもあります。
ペイントワークス(代理店?)http://www.colorworks.co.jp/products/sw.html

コメント