屋上手摺の塗り直し

おやまあもうこんなに時が経ってしまいました。
一年以上ぶりのこっそり更新です。
誰か見る人いるかなあ。そわそわ。

この一年間、いろんなことがありました。何と言っても日本崩壊への引き金が引かれてしまいました。もう2011年の3月を境に、向こうの世界とこちらの世界に真っ二つに分かれてしまいましたね。
放射能の知識を世界一持っていない被爆国として破廉恥なまでの事故と事故後の対応とその対応に対する国民の反応です。もう終わってます。

おっとそういう話は他所でやるとして、引っ越しと改装工事から早くも3年4年と経っております。時の流れが速すぎてもうついていけません。ふがふがですね。ふがふが。

大急ぎで突貫工事をやった弊害がちらほらと出てきております。

ひとつは屋上です。雨風日光にさらされ、綺麗に塗ったつもりの手摺がまた錆びてきました。

振り返ってみると、屋上鉄部のケレン大会のあと、屋上の壁を塗るの中で

記事にない分では、鉄部をブルーグレーと真っ赤に塗り分けたりもしています。ですが手摺の錆がひどすぎて、押さえ込んだつもりなのに1年後にはまた錆が出てきてしまいました

と書いておりまして、塗った記事もないし、どうやら急いでいて手抜きをした模様。

あぁそういえば、足場が割れて腰を打った日に鉄部の塗装をしていたんだっけ。あの状態では手抜きも致し方あるまいて。→どうやらこの日 小さな天井

/renovatedhouse/2009-10-16/141

1年後にちらほら出始めたサビが本格的に増殖してきたのでまた押さえ込み作業をやりました。

前回の反省は、まずサビ転換剤が途中でなくなって普通の錆び押さえで間に合わせたこと、二度塗りしなければならないのに一度塗りで済ましたこと、ペンキの量が足りなさそうだったのでちょっと薄めすぎたこと、と、あるまじき手抜き工事の数々。
そりゃまた錆びてきますわな。

P1000548

手すり錆

よし今回はきちんとやろう。
ということで「暑くなる前にやろうね」といいながらすっかり真夏で最高気温の中での一仕事となりました。

まずは足りなくならないように材料を確保。
最初はサビのケレンを行います。さすがに引っ越し当時ほどひどい錆びでもありませんので、電動工具を使うまでもありません。ガリガリごしごしと錆を落とします。「必殺!」を使いますからケレンはそこそこでOK。

しかしサビの粉が宙を舞い、のちほど奥様の鼻柱が荒れてしまいました。

P1020282

P1020283

必殺!錆封じは刷毛ですーっと伸びて塗りやすいこと。
「今回は中途半端なことはすまい」とあれほど誓ったのに、ふと思い立ってポリパテでちょっとだけガタガタを修正したりします。
するならする、しないならしないと何故できん。
・・・はい。全部をやらず、実験的に一部分だけポリパテしました。この続きは次の塗り直しの数年後にまた・・・。

P1020284

ポリパテが乾いたらペーパーで擦って、いきなり塗装です。

今回は「上塗り兼さび止め塗料」という何となく手抜きっぽい材料を使いました。前回の反省を生かして、規定量以上には決して希釈せず、ぼてぼてペンキを塗りたくります。

P1020295

ペンキってのは塗っていると刷毛がどんどん重くなりべたべたして塗りにくいったらありません。でも頑張った。

P1020298

手摺の再塗装完了。
わざわざ糞暑い最中にこれをやるのは自分を苛めて楽しんでる馬鹿夫婦ならではです。

さて、下塗りやいろんな作業の合間合間に、屋上調度品の再塗装も行いました。
安物のツーバイフォー木材で作ったベンチやテーブルです。キシラデコール再塗装です。

P1020285 P1020286

炎天下の威力は凄いですね。一年でしっかり色褪せて木も傷んできています。
軽くサンドペーパーをあて、浸透性塗料を塗ります。

P1020289

むかしド素人だった奥様ももう熟練の域です。あっという間にテーブルとベンチを塗り上げました。
朝早くからやるつもりが寝過ごしたせいで夕方ぎりぎりまで飯も食わずに頑張りました。おかげでなんとか完了。
残念ながらこの日はペンキもキシラデコールも乾いていないのでここでビアガーデンをすることが出来ません。
なので、お疲れさんは近所の串カツ屋でがっつり行いました。

P1020302

ところで、一年前の雑談と同じオチなわけですが、今年の夏も同じようなイベントがあるので最後にちょろりと宣伝しておきます。

チルドレンクーデター ライブのお知らせ UrBANGUILD 2011.08.20

 

「屋上手摺の塗り直し」への4件のフィードバック

  1. 以前からずっとこちらのブログのファンです。
    コメントは初めてなので少し緊張しています(笑)
    まさかまさかの更新にわくわくしつつ読ませていただきました。
    お家造りの真っ最中をどれほど楽しみに拝見させていただいたでしょうか。
    我が家も引っ越しをし、中古住宅と格闘の毎日ですが
    こちらにお邪魔するたびに励みになったものです。
    今後も楽しみにしておりますので、マイペースにでも更新して下さると
    ファンとしては嬉しい限りです♪

  2. のこのこさんコメントありがとうございます。なんと、連載終了して大分経つのに、嬉しいお言葉、励みになります。また何か改造したときは必ず更新します。
    中古住宅との格闘は苦しいけど楽しいですよね。

  3. 更新されていないかな~と
    いつも定期的に来訪させていただいてます。
    久々の更新がすごくうれしかったので
    初めてコメントさせていただきます。
    もう何度も通し読みをしているほど
    大好きなブログですが、
    なかでも
    屋上快適化計画は
    読んでるこちらも快適な気持ちなる
    シリーズです。
    これからも楽しみにしています。

  4. まるさんコメントありがとうございます。なんという嬉しいお言葉。
    何度も読み返してる人がうちの面白奥様以外にもいらっしゃったとは感激です。もったいないもったいない。
    また忘れた頃に更新するかもしれませんので、忘れて思い出したら覗いてみてくださいませ。

コメント