1F 大きな机の大きな棚

こんにちは。誰もが過去に忘れてきた甘酸っぱい青春の思い出、家改装の記録です。時々こうしてこっそり更新されます。

なんということでしょう、改装開始から丸4年がとうに過ぎております。普通のモノなら5年でお古、償却完了ってもんですし、最初新鮮でぴかぴかだったいろんなものもそれなりに経年で劣化してきている頃です。
まさに終わりなき戦い。
それが快適環境の創出というもんでしょうか。これは麻薬より恐ろしいことですよ。この戦いを辞めるとき、それは家がどんどんオンボロになってどろどろになって、蜘蛛の巣が張りゴキやネズの巣窟になり、住民は年老いて呆け、よだれと大小便を垂れ流しながら死んでいくというそういう末路を迎えたときです。

しょうもないことを書いてないでですね、改装の記事に取りかかります。

今日は1階職場のメイン机周りです。ここは事務仕事をしたり映画感想文やその他の駄文を書いたりメモしたりスケッチしたり落書きしたりぼーっとしたりという、そういう重要な場所です。
元々の最初はちょっとした厨房だったところで、思い出すのもおぞましいこんな姿だった狭い場所です。

100_0978.jpg

これがいろんな階層の果てにこんなに小綺麗になったわけでして

机と棚

ただし机の上のエレクターもどきに注目していただければ判るとおり、棚に関してはかなり出鱈目です。
ここは幅が1750mmしかなくて一般的な1800サイズにちょっと届かず、市販のラックや棚が入らないのですね。巨大な机が置いてありますがこれだって天板の角を5cm切り取っているわけです。
エレクターもどきを変な風にジョイントすると偶然にもジャストなサイズになったので、今まではこれで何とか我慢していました。

しかしふとしたパソコンの故障が元で、脚と脚の間に収まっていたコンピューティングスペースに収まらなくなってしまいました。エレクターもどきの真ん中の脚が邪魔なのであります。
暫定的と思っていたエレクターもどきも収まりが悪く、本人の性格と同様雑然としすぎています。
これは不細工なだけではなく不便です。

IMG_0873.jpg

これはいかん。真ん中の棒が邪魔だ。

真ん中の棒

よしやろう。何とかしよう。ということで真ん中の脚を取っ払う計画開始です。

 

そうそう、そういえばこの直前に換気扇を取り付けたりしています。もともとあった換気扇の開口を暫定的に塞いでいたのですが、超が付くヘビースモーカーですので煙がもーもーです。何らかの換気の必要性は感じておりました。

IMG_0874.jpg

かっこよく埋め込み換気扇を設置するつもりもありましたが、壁の向こうは外なのでダクトの意味がなく、もともと開いている換気扇用の穴を利用しない手はないので暫定的に普通の換気扇を取り付けました。
この場所も本当は収納スペースにしたいので、見えない場所に換気扇を付けるのが理想ではありますが、そういう計画は暇なときにゆっくり推し進めましょう。

というわけで目的は机の表面にスペースを確保することです。エレクターもどきの真ん中の脚を取っ払うことです。
そのためにはどうするのがよいか。

理想は、大きな吊り戸棚を上部に設置することでした。
卓上のスペースを確保できる上に、見た目もさぞかしすっきりすることでしょう。
しかし吊り棚をつけるための壁面補強が必要です。素人工事で弱い下地に吊り戸棚を作ったあげくの落下事故はよく聞く話です。
で、それは無理。振動ドリルも持ってないしタイルやモルタルに対して下地補強を上手にやれる自信もありません。
やっぱり何らかの据え置きの棚を置くしかないでしょう。
丈夫な棚板を持つテーブル状の物体を作って置くのが現実的。よしそうしようそうしよう。

 

 

てなわけで、そうなると問題は1750幅の棚板です。上にものを乗せますので頑丈でないといけません。
どう考えても木材だけでは無理です。
倉庫用のアングルラック情報などを恨めしそうに眺めながら1750mmの幅を呪います。1800mmあれば、既製品が使えるのに。
いずれにしろ鉄が必要という結論で、鉄骨屋の知り合いでもいればがっちりした架台を作ってもらうところですが何とか自力で頑張る方向でいろいろ検討します。

便利なインターネットの時代です。鉄パイプのカット販売をしてくれるところがありました。小口でもOKだそうで、なんとまあありがたいことです。
溶接も穴空けも出来ないくせに早速構造用の鉄パイプを注文します。

計画はこうです。
木材の板で鉄パイプをサンドイッチにして棚板にするのです。重みに対する補強ですから、溶接なんかいりません。くっつける必要性さえさほどないのです。でも乗せるだけってのも危ないので接着剤とサンドイッチ仕様で乗り切ります。

IMG_0871.jpg

まず棚板に鉄骨をくっつけて内側に棧を作ります。

IMG_0872.jpg

鉄骨と木材の幅が合わないのでジャストサイズのベニヤで蓋。
サンドイッチ状態には後でします。なぜかというと重いから。先にテーブル状態を作ってからこの棚板を乗せてくっつける予定です。

IMG_0887.jpg

ひっくり返して棚として活躍する部分の塗装です。手抜きのウレタンニス。磨けば綺麗だからよい。

ついでに支えるほうの側面の板も鉄パイプで補強。こちらは板材も厚めです。残り物再利用。

IMG_0869.jpg IMG_0884.jpg

ちょうどアンティークっぽいブロンズの絵の具があったので気持ちのよい屋上で吹き付け塗装しました。
この材料はUSJにある有名人のハンドスタンプと同じものです。なぜならあれは私の仕業だからです。

さてテーブル状の棚ベースを作って置いてみます。

IMG_0895.jpg

なんといい加減。この段階では横方向にぐらぐらしているし、棚板もたわんでいます。ただ置いてみただけです。
全部を作ってから机の上に乗せるのが重いので、以降はこの机の上に乗って作業しました。

IMG_0896.jpg

重い鉄骨入りの棚板を乗せて、内部の棧に対して下からビスを揉みたくります。これで棚板は上下の板と内部の棧によってサンドイッチ状に固定されます。
まだ平行四辺形的にぐらぐらしているので背面に補強の板を取り付けます。

IMG_0900.jpg

棚板側はサンドイッチ棚板に、側面は鉄パイプに穴を開けてビスを揉んでいます。このくらいの鉄パイプならドリルで穴が開きます。引き抜き強度は弱いかもしれませんが左右の揺れには強く、もう揺れません。
木口の処理は後回しにするとして、完成です。かんたんですね。
下部に巾木状の薄い板を取り付けましたがこれは補強ではなくて目隠し。この裏側にコンピュータのごちゃごちゃした配線や電源タップなどを仕込みます。

これで卓上スペースが確保され、当初の目的は達成できました。
ただ計画不足ゆえ、肝心の上に乗せる収納システムは後回しです。嫌々ながら、もともと置いていたメタルラックを再び置くことになりました。これはいずれ何とかしたいところ。

IMG_0908.jpg

なんだか元の状態と変わりなく見えます。あまり美しくありません。やっぱり蓋の出来る棚が欲しいなあ。

卓上はスペースが確保され、ケーブルや電源は割とすっきり片付きました。
邪魔なコンピュータをぐいと押しのけてスケッチするスペースをいつでも確保できます。それだけでも大いに効果があったと思いましょう。
でもやっぱり途中って感じが否めません。

「1F 大きな机の大きな棚」への5件のフィードバック

  1. 油断してた・・・
    昨年末に更新があったなんて!
    相変わらず我が家も中古住宅と戦っております
    我が家は台所の一角の床が痛んで抜けました orz
    主さんに是非我が家でも腕を振るっていただきたいです(汗)

  2. 小助さん。職人とはとても呼べない素人工事ですよ。ついに鉄に手を出してしまいました。
    のこのこさんお久しぶりです。
    すいません。忘れた頃にこっそり書いていたりします。笑。
    床が抜けましたか。床の修繕は大変ですねえ。大事ですねえ。燃えますねえ。

  3. こちらも忘れてしまった頃にコメントしてます。(笑)
    いやいや、スッキリしましたね。これもまた今年の夏に見せて頂きたいと思います。

  4. あっ。忘れた頃にコメントされていた!
    すっきりしていたのは最初だけでしたっ。やっぱり、性格を根本的に修復しないと無理みたいです!

コメント