インフォメーション-概要


お店や施設の壁面を飾り、空間を演出する壁画

ハンドメイドの美しい装飾や壁の着彩

そんな壁面アートのデザイン、制作を行っています

壁画制作の概要

壁画・装飾美術

建築物の意匠としての壁画や装飾美術は、ある意味アートの根源と言っていいほどの古い歴史があり、それは建築と共に現代までも引き継がれています。空間を美で演出し、特別の場所であることを表現する付加価値の高い意匠は、教会や寺院でその神髄を見ることができますが、同時に庶民の暮らしにも密接でした。ヨーロッパでは外壁に飾りのある窓を描いたり、日本では襖絵など障屏画の文化もあります。現代ではホテルやショップ、レストランに空間を満たすアートワークが施されているのを見かけることでしょう。

 店内浮世絵装飾 レストラン

壁画や装飾美術は、高価な美術作品でもなく、安価な書き絵でもないその中間にある別ジャンルのアートとして欧米では定着しています。
壁画や装飾美術は、建築の中で空間との関係を強化し良好な雰囲気を作り出す、広く一般の人々に開放される開かれたアートです。内装材の工業製品仕立に満足できないあらゆる人々のためにあります。
私たちは、そのような建築や施設のための、壁画を初めとしたあらゆるアートワークのデザイン・制作・監修を行っています。

壁画とアートワーク

具体的に、壁画がどのような施設や場所にあるか、アートワークにはどのような種類があるか、また、どのような内容やジャンルの絵なのかを分類して、 絵の仕事 で示していますのでご覧ください。

商圏・発注・御依頼

商圏は海外を含む全国です。
細井工房の所在地は京都になりますが、多くの事例が京都府以外の地域になっています。どこへでも参ります。
ひとつひとつの事例がそれぞれ異なった状況、異なった目的で進行しますので一概にはいえませんが、大まかな仕事の流れや予算について 制作の流れ で少し詳しくお知らせしています。

発注、ご依頼は建築会社、設計会社様はもとより、店舗オーナー様、個人の方のご依頼も歓迎いたします。

お気軽にお問い合わせください。

メール info@hosoikobo.com またはこちらの お問い合わせ にて問い合わせフォームを用意しています。

hoosi kobo logo

細井工房について

細井工房は代表者細井尚登による壁画制作・デザインを基本としたアークワークを行うアトリエです。
業務を始めてからすでに20年以上が経過しました。その間、現場施工のおてつだいから作品性の強いものまで、こつこつ一人で仕上げる小品から多くのスタッフによる長期プロジェクトまで、様々な制作に取り組んできました。

オリジナルデザインの絵画、壁面の抽象表現、古典的で重厚なあしらい、消防法的に困難な素材のフェイク・・・アートワークは全てが個性的な特注仕事です。ありとあらゆる状況で最適な仕事をしてきた自負があります。

細井工房経歴

1986年より細井尚登事務所開設、主に古典絵画の模写作品、屏風絵などを納品、イベント、執筆、音楽などマルチアート展開。
1989年、壁画制作、障壁画、書き絵、エイジングなどを主力に置いた事業を正式に発足。テーマパークブームのおり、全国のテーマパークや高級店、ホテルなどに壁画、絵画を納品。
2001年以降、某浦安巨大施設に深く関わったことをきっかけに海外企業の要請にも対処。

細井工房自体は代表細井尚登による小規模なアトリエです。大型プロジェクトには有能なアーティストやスタッフを招集、物件事に最も適した形で臨みます。

所在地


602-8362
京都府 京都市上京区御前通下立売上る仲之町288-2
TEL 075-461-4469
Mail info@hosoikobo.com

URL

細井尚登

絵画作品、文筆、イラスト、漫画、音楽などの諸処の活動を経て1984年頃より博物館の復元制作、模写の会社に従事。その後、模写作品、障屏画を中心とする事務所に在籍、後、同事務所を引き継ぐ形で1989年に細井尚登絵画工房を設立。
店舗、テーマパーク、資料館、専門学校などに各種の壁画、だまし絵、彩色、絵画他多数制作、納品。

2001年、浦安の大型リゾート施設の建設にあたり、イタリア壁画のアーティストとして参加。本国のディレクターに実力を認められ指名、多数の絵画職人の中で、「作画」「監修」を許された日本人3人のうちのひとりに選ばれる。

イタリア出身の巨匠カルロ・マルキオーネとの共同制作も実現。
ライブペインティングや制作の実況中継など、多種のイベントもこなし「職人的絵描き」から「絵描き芸人」の域に達しつつあると評されるまでにいたる。

障壁画 グラフィック 制作中

コメントを残す